maccheronian(マカロニアン)のスニーカー サイズ選びのポイント

maccheronian(マカロニアン)のスニーカー サイズ選びのポイント

シューズ選びでのハードルと言えば、サイズ選びではないでしょうか。

どんなに気に入ったシューズでも、履き心地が悪いと出番は少なくなってしまいますよね。ブランドが変わればサイズ感も変わりますし、履き心地の好みもあるので一概には言えませんが、シューズの素材や作りを把握するとサイズ選びにも役立ちます。ここでは、マカロニアンのスニーカーを選ぶ時のポイントについて紹介します。

 

フィット感のあるものを選ぼう

一般的なスニーカーは、靴底から上の部分となるアッパーと靴底であるソールを別々に作り、接着する形で完成します。アッパーとソールを縫合する形のスニーカーもありますが、大部分はのりによる圧着となるため、アッパーとソールがはがれやすく、シューズとしての一体感には欠けるといった特徴があります。

それに対し、マカロニアンのスニーカーでは、バルカナイズド製法が採用されています。これは、アッパーとソールを一体化させる方法です。アッパーとソールがはがれにくいので丈夫で長持ちすることはもちろん、全方向へ曲がる柔軟な履き心地を可能としているので、足に負担がかからず、素足に近い感覚でシューズを履くことが出来ます。そのため、サイズ選びでは、フィット感のあるものを選ぶことが欠かせません。

マカロニアンのスニーカーは、全て職人によるハンドメイド生産です。履くたびに足に馴染んでくるといった作りになっているので、大きめのサイズにしたり、余裕を持って履けるサイズにしたりといったことは避け、程よいフィット感のものを選ぶことがポイントになります。

また、マカロニアンで使われている素材は優しいものばかりなので、履いているうちにスニーカーのサイズに余裕が出来ることも少なくありません。購入時にきつめのサイズを選ぶ必要はありませんが、大きめのサイズを選んでしまうと、スニーカーが足に馴染み、緩んでしまった場合に、履き心地が悪くなってしまうので注意が必要です。サイズが大きくなってしまうと、スニーカーの中で足が動き、せっかくの機能性が失われてしまいます。マカロニアンのスニーカーでは、程よいフィット感のあるサイズを選ぶようにしましょう。

素材を確認しよう

マカロニアンのスニーカーは男女兼用のものが多く、ヨーロッパサイズ表記になっています。そのため、他のシューズで同じサイズに慣れていても、サイズ感が異なるといったことも少なくありません。試着をした上でサイズを判断するか、交換に応じてくれる店舗を利用することが得策と言えます。

尚、サイズ選びをする際は、ソールの長さに対し足が合っているかどうかといった点と、アッパーの素材を確認することが大切です。アッパーにレザーが使われているスニーカーとナイロンが使われているスニーカーでは、同じサイズでもサイズ感は異なります。また、紐付きなのか、スリッポンタイプなのかといった点でもサイズ感は変わるので、スニーカーの作りや素材を確認した上で、サイズを検討することが欠かせません。

素材選び

 

フィット感を大切にしよう

マカロニアンのスニーカーを選ぶ際は、程よいフィット感のあるサイズを選ぶことが大切です。履いているうちに足に馴染む作りとなっているので、購入時に大きめのサイズやゆったりめのサイズを選んでしまうのは得策とは言えません。また、同じサイズでもスニーカーの作りや素材によってはサイズ感が異なります。サイズ選びの際はよく確認し、慎重に行うようにしましょう。